カンボジアからの研修生について

  • カンボジア実習生の特徴

    • カンボジア人は、基本的におとなしく、相手の気持ちを理解して対応してくれる人々なので、大変接し易く、実習生に向いていると言えます。

      また、仏教の国であることから、同一宗教を重んじる日本への実習が向いているのです。


      日本も古き時代より、自然の中に神を見出し信仰を深めてきました。
      そんな日本と同じ考えを持った国であると言えます。
      カンボジアの若者の特徴は、純朴でスレていません。東南アジアの中でも著しく経済発展が遅れていることから、日本人の若者のように目が肥えていないので、純朴でスレていないのです。


      賃金に関しても、近隣諸国のタイに比べ5分の1、ベトナムに比べ2分の1程度なため、日本から減りつつある中国人やベトナム人に次ぐ第三の労働力と考えられます。

      カンボジアの実習生が気になる方はこちらへご来訪下さい。

      都市部以外の地域ではは、自給自作の生活が主体で若者の労働人口に対して仕事は少なく、若者の労働力を持て余しています。
      手先が器用で仕事への意欲が高いところも、日本人に似ており、日本で実習生として技能を身につけカンボジアの経済発展に貢献できる人材が多くいます。



      現在も、続々と日系企業がカンボジアに進出しており、現地での人材育成に努めていますが、現地のみでは将来を担う技術者の育成は困難なため、日本での育成が必要となります。



      カンボジアの若者を実習生として受けいることは、今後の日本企業のユーラシア大陸進出の大きな基盤となる国であり、今後の日本経済発展のカギになります。