カンボジアからの研修生について

  • カンボジアからの実習生

    • 日本には外国人技能実習制度というものがあります。

      これは日本の企業が発展途上国の人々を実習生として受けいれ、日本の技術を学んでもらう制度です。


      日本の技術や知識を勉強してみたいという若者がこの制度を利用して日本へ実習生としてやって来ています。

      カンボジアの実習生についての知識を高めてもらうためのサイトです。

      彼らの中でこの制度に応募してきた時点で日本語が話せるという人はあまりいません。
      なので日本に入国する前に長期間に渡り日本語の勉強し、事前研修などを受けます。



      カンボジアの人たちは穏やかな性格、そして素直で勤勉な性格な方が多いです。

      また日本に対して良い印象を持っていてとても親日的です。



      なので彼らが過ごす日本の農家や工場での生活や人間関係にとても上手く順応していきます。
      またそのような国民性のため、農家や工場へだけではなく介護技能実習生としての受け入れも増えています。

      彼らを積極に受け入れることで、現在問題になっている介護での人手不足の解決に良い影響を与えるのではないかと言われています。


      日本に送り出された実習生は、各機関からサポートを受けながら1年から3年ぐらい日本で過ごします。

      そして実習期間が終わったあとは、日本で習得した技術と知識を生かしカンボジアで働く人が多いです。また実習後もカンボジアに支店で社員として雇い中心的役割を与えられる人もいます。


      日本はカンボジアからの実習生を受け入れ、彼らが後に祖国で技術や知識をもって経済に貢献することで両国の経済交流はより発展することを希求します。