カンボジアからの研修生について

  • カンボジアからの研修生について

    • 近年日本では外国人技能実習生と呼ばれる制度により日本企業で働く海外の若者が増加傾向にあります。
      主に東南アジアの若者が中心となっており、カンボジアもそのような国の1つとして多くの若者が来日しています。

      目的は日本の企業で働くことにより様々な産業の技術を身に付けて母国に持ち帰る事ですが、それと同時に日本語や日本文化についても身に付けることが期待されています。


      日本の産業技術を身に付ける事はそれ自体が役に立つことですが、それと同時に日本語や日本文化に親しんでもらえることが日本の国益につながると信じられています。

      日本は今後も海外への進出を推進していくことになると考えられますが、そのような際に研修生として日本で学んだ経験を持つカンボジアの若者が多くいれば多くいるほど日本企業にとってもプラスであると言えるでしょう。

      カンボジアの研修生の最新情報を見つけよう。

      研修生として働いた経験は、たとえ会社が違ったとしても日本に対する良いイメージと一緒に定着するものであると考えられています。



      そのため現在日本では外国人を日本に招く研修生制度を国際貢献活動と位置づけて積極的に推進しています。
      カンボジアを含む東南アジアの国から、厳選された若者を日本企業に受け入れて様々な経験を積んでもらうと言う活動を日本が国家として推進しているのです。
      短期の場合には1年、上記の場合には3年程度研修生として働くことになるでしょう。



      このような仕組みで外国人技能実習生は日本で働いています。